「怪我の予防」タグの記事一覧

筋膜リリースでストレッチ効果を高めよう。リリースするだけで柔軟性がアップすることも!

筋膜リリース

■筋膜リリース実施タイミング 体が温まっているとき(運動後、風呂上りなど)
■目的 筋膜の癒着・硬縮をリリースする(体の機能を正常に戻す)

筋膜は筋肉や骨、臓器などあらゆる組織を途切れなく全身を覆っている膜です。
例えば、みかんの皮が皮膚だとしたら、その中のみかん一つひとつを包んでいる膜、さらにみかんの中の一つひとつの粒を包んでいる膜が筋膜であると考えると分かりやすいかも知れません。
つまり、組織がバラバラにならないように、薄い膜が体中を包んでいるのです。

この膜がなぜ大切かと言うと、膜のどこかがねじれたり、縮んだりして膜同士がくっついてしまうと、体のどこかに不調を抱える原因として考えられているからです。

全身を徹底的にストレッチする/全13シリーズ約42分

全身ストレッチ

■実施タイミング 【運動前・後、睡眠前】
■目的 【怪我の予防・パフォーマンス向上・疲労回復】

トレーニング・スポーツ後のクールダウン、疲労回復、怪我の予防に効果的な全身のストレッチ方法です。
首、腕・手首、肩周辺、背中、腰、下半身、太もも・股関節、アキレス腱と全身をトータルにストレッチできるように実演しています。
全部で13シリーズ約42分の内容で構成されていますが、筋トレをする部位や疲労回復したい部位に絞ってストレッチするとよいでしょう。

(1)と(2)に分かれているものについては、(1)だけでは物足りない場合に(2)も実践してみましょう。

注意点としては、心地よい伸びを感じたら静止することです。無理に伸ばすと伸張反射で伸びが制限されてしまいますので、心地よいところで止めるようにしましょう。

呼吸は止めずに行うのがポイントです。心を落ち着かさせて自然な呼吸を心がけましょう。

筋トレ前やランニング前(運動前)は20秒程度、筋トレ後はやランニング後(運動後)は30秒程度行うようにしましょう。
動的なストレッチは、10回を目安に行うようにします。

ランニング、ウォーキングの前のストレッチ方法

ランニング、ウォーキングの前のストレッチ

■実施タイミング 【運動前】
■目的 【怪我の予防・パフォーマンス向上】

ランニング・ジョギング・ウォーキングなど走るスポーツの運動前に行なうストレッチの方法です。
下半身を中心に全身のバランスを考慮された11種類のストレッチを解説しています。ランニング・ウォーキングなど有酸素運動の前に実施してください。

1種目ずつストレッチ秒数をカウントしていますので、動画を見ながら一緒に実践してください。
初めから一緒に実施するのが難しい場合は、1種目ずつストレッチフォームを学んだのち一緒に実践してみると良いでしょう。

ダイナミック・ストレッチでウォームアップ(1)/13種類

ダイナミックストレッチ(1)

■実施タイミング 【運動前】
■目的 【ウォームアップ・怪我の予防・パフォーマンス向上】

実際の動きに合わせて筋肉を温め、伸ばすダイナミック・ストレッチの方法です。

ダイナミック・ストレッチ(動的ストレッチ)は、軽く勢いを付けながらリズミカルに筋肉を伸ばすストレッチの事を言います
(逆に筋肉を伸ばして数十秒間静止するストレッチを「スタティスティック・ストレッチ」(静的ストレッチ)と言う)

主にスポーツ前のウォームアップに行なわれるストレッチで、柔軟性を高め、実用性の高いストレッチ方法の一つです。

ダイナミック・ストレッチでウォームアップ(2)/17種類

ダイナミックストレッチ(2)

■実施タイミング 【運動前】
■目的 【ウォームアップ・怪我の予防・パフォーマンス向上】

実際の動きに合わせて筋肉を温め、伸ばすダイナミック・ストレッチの方法です。

ダイナミック・ストレッチ(動的ストレッチ)は、軽く勢いを付けながらリズミカルに筋肉を伸ばすストレッチの事を言います(逆に筋肉を伸ばして数十秒間静止するストレッチを「スタティスティック・ストレッチ」(静的ストレッチ)と言う)
主にスポーツ前のウォームアップに行なわれるストレッチで、柔軟性を高め、実用性の高いストレッチ方法の一つです。

重複もありますが、ダイナミック・ストレッチでウォームアップ(1)/13種類の方法とここで説明するものの、どちらか一方に決めて実践すると良いでしょう。

スポンサーリンク


このページの先頭へ