ストレッチでしなやかなカラダ、柔軟性向上、怪我の予防を目指すストレッチ動画実践サイト

ストレッチ方法.net > ストレッチで姿勢を整え、本来の身長を手に入れる

ストレッチで姿勢を整え、本来の身長を手に入れる ストレッチで姿勢を整え、本来の身長を手に入れる

上半身のストレッチ■実施タイミング 【風呂上り、睡眠前】
■目的 【姿勢の整え】

姿勢を整えるためのストレッチ方法です。
本来の身長に比べ数ミリ?センチ低くなっている身長を姿勢を整えることにより正しい高さにすることを目指します。

動画では、4種類の方法が解説されています。風呂上りか睡眠前に実施して下さい。

スポンサーリンク

【ストレッチ・メニュー】 動画実演順
(1)ぶら下がり・・・15?30秒維持
  └ ぶら下がり器具を持っていない人も多いと思います。
    その場合は、実施タイミングは関係なく、公園や学校の鉄棒で実施して下さい。
(2)前屈・・・15?30秒維持
  └ 背中を丸めず、ゆっくり前屈します。限界まできたら15?30秒静止。
    ※勢いをつけてはダメです。どこまで前屈できるかを測るものではありません。
(3)足反らし・・・15?30秒維持
  └ うつぶせになって足を反らします。限界まできたら15?30秒静止。
    ひざは曲げず、つま先を遠くに伸ばすイメージで。
(4)覗き込み・・・15?30秒維持
  └ 鳥のように腕を後ろに回し、ゆっくり前屈します。限界まできたら15?30秒静止。
    前屈したとき、背中が中心に向かって縮むイメージで。
動画にもありますように、猫背や極度の鳩胸など身長は姿勢の悪さによって見た目上マイナスに働きます。
ストレッチにより、常に姿勢の良い状態になることで、あなたのもっている本来の身長を引き出すことができるのです。
姿勢が気になる人、身長が気になる人は、ぜひ継続して実施してみてください。

【注意】
・痛みを伴わない程度に伸ばすようにしてください。イタ気持いいくらいがベストです。
・一気に力を入れて伸ばさないようにしてください。「ゆっくり、じわーと」伸ばします。
・どこまでストレッチできるかを競うものではありません。
 もし、ほんの少し伸ばしただけで限界がきたなら、それで十分です。そこで静止しましょう。

それでは、ストレッチしてみましょう。

■ストレッチ一覧