ストレッチでしなやかなカラダ、柔軟性向上、怪我の予防を目指すストレッチ動画実践サイト

ストレッチ方法.net > ダイナミック・ストレッチでウォームアップ(1)/13種類

ダイナミック・ストレッチでウォームアップ(1)/13種類 ダイナミック・ストレッチでウォームアップ(1)/13種類

上半身のストレッチ■実施タイミング 【運動前】
■目的 【ウォームアップ・怪我の予防・パフォーマンス向上】

実際の動きに合わせて筋肉を温め、伸ばすダイナミック・ストレッチの方法です。

ダイナミック・ストレッチ(動的ストレッチ)は、軽く勢いを付けながらリズミカルに筋肉を伸ばすストレッチの事を言います(逆に筋肉を伸ばして数十秒間静止するストレッチを「スタティスティック・ストレッチ」(静的ストレッチ)と言う)
主にスポーツ前のウォームアップに行なわれるストレッチで、柔軟性を高め、実用性の高いストレッチ方法の一つです。

スポンサーリンク

【ストレッチメニュー】動画実演順

(1)足上げ・・・左右交互に10回ずつ

(2)スキップ足上げ・・・左右交互に10回ずつ

(3)素早く足上げ・・・左右交互に10回ずつ

(4)かかと尻付け・・・左右交互に10回ずつ

(5)素早くかかと尻付け・・・左右交互に10回ずつ

(6)カリオカ・・・左右別々に10回ずつ
  └ 体は正面に向けたまま、足をクロスさせて横に進む。
    動画を止めてよく観察してみましょう。

(7)シングルレッグウォーク・・・左右交互に10回ずつ
  └ 一歩踏み出したら、上体を倒し、片足を後方に上げる。

(8)ウォーキング・ランジ・・・左右交互に10回ずつ
  └ 一歩踏み出したら、ひざを曲げ体を落とす。

(9)リバース・ウォーキング・ランジ・・・左右交互に10回ずつ
  └ 後ろ向きに一歩踏み出したら、ひざを曲げ体を落とす。

(10)かかと歩き・・・左右交互に10回ずつ

(11)つま先歩き・・・左右交互に10回ずつ

(12)トゥー・タッチ・・・左右交互に10回ずつ
  └ 歩きながら足を伸ばし、つま先を手でタッチする。
    足があまりあがらない場合は、タッチせずに上がるところまででOKです。

(13)腕回し・・・前回し10回、後回し10回

【ポイント】
・無理に足を上げたり、伸ばしたりする必要はありません。自分ができる範囲で大丈夫です。続ける内に柔軟性が高まってくるでしょう

それでは、ストレッチしてみましょう。

■ストレッチ一覧