上半身を満べんなくストレッチする/6種類メニュー

上半身のストレッチ■実施タイミング 【運動前・後、睡眠前】
■目的 【怪我の予防・パフォーマンス向上】

トレーニング・スポーツ後のクールダウンや安眠・血行促進に効果的な上半身のストレッチ方法です。
上半身を満べんなくストレッチできる6種類の方法を解説しています。筋トレ・エクササイズ・スポーツの後や睡眠前に実施してください。

【上半身のストレッチ・メニュー】 動画実演順
(1)上腕三頭筋(力こぶの裏)・・・左右各15~30秒維持
(2)三角筋(肩)・・・左右各15~30秒維持
(3)首・・・左右各15~30秒維持
(4)大胸筋(胸)・・・15~30秒維持
(5)大胸筋(胸)&肩・・・15~30秒維持
(6)背中・・・15~30秒維持

片方ずつ行なうものについては、左右行なって下さい。

スポンサーリンク

補足説明

(1)上腕三頭筋(力こぶの裏)
頭の後ろに腕を回し、もう片方の手をひじに当てて、内側にじわーと引いてください。

(5)大胸筋(胸)&肩・・・15~30秒維持
両手でタオルを持ち、バンザイします。その時、伸ばした腕が耳の後ろに行くような感覚で後ろにゆっくりと引っ張ります。
背筋を伸ばし、胸を張った状態にしておきましょう。

注意

  • 痛みを伴わない程度に伸ばすようにしてください。イタ気持いいくらいがベストです。
  • 一気に力を入れて伸ばさないようにしてください。「ゆっくり、じわーと」伸ばします。

それでは、ストレッチしてみましょう。



このページの先頭へ